プレート

最近起こった大きな地震について調べてみました。

震央の共通したわかりやすい地図がなかったのでWikiからです。

少し小さくて見にくいかもしれませんがご了承を。

 

 

2018年9月6日 北海道胆振東部地震

f:id:Mitsuki_z:20180930204943j:plain

参考:北海道胆振東部地震 - Wikipedia

 

earthquake.tenki.jp

 

2016年4月14日・16日 熊本地震

f:id:Mitsuki_z:20180930205012j:plain

参考:熊本地震 (2016年) - Wikipedia

earthquake.tenki.jp

 

下の図はマイクロプレートも入れた日本のプレート図です。 

                       参考:地球紀行 �X 日本列島の形成

f:id:Mitsuki_z:20180930210557g:plain

北海道はマイクロプレート境界、九州は中央構造線と震央がほぼ重なっています。

 

 

2018年9月29日 インドネシア スラウェシ島地震

f:id:Mitsuki_z:20180930205056j:plain

参考:2018年スラウェシ島地震 - Wikipedia

 

下の図はスンダプレートです。 
             参考:スンダプレート - Wikipedia プレート - Wikipedia

f:id:Mitsuki_z:20180930211624p:plain

スラウェシ島の震央はプレート境界と重なります。

 

 

 

2018年7月29日・8月5日 インドネシア ロンボク島地震

f:id:Mitsuki_z:20180930205125j:plain

f:id:Mitsuki_z:20180930205154j:plain

参考:ロンボク島地震 (2018年7月) - Wikipedia

   ロンボク島地震 (2018年8月5日) - Wikipedia

 

下の図はティモールプレートです。

           参考:ティモールプレート - Wikipedia

f:id:Mitsuki_z:20180930234939j:plain

こちらもプレート境界がほぼ震央と重なります。
(この地図では正確にはわかりませんがかなり近いと思われます)

 

 

プレートテクトニクス否定論もあるようですが、やはりプレート境界は要注意という感じがします。

そして、大きなプレートだけでなく、小規模のマイクロプレートもチェックしていく必要がありそうです。

 

プレートテクトニクス関連 参考:

地球紀行 �X 日本列島の形成

「プレートテクトニクス」を信じない人々 | 間違った把手

 

 

豪雨・酷暑・豪雪 -異常気象と原発-

このたびの西日本豪雨災害で被災された皆さま、お見舞い申し上げます。

一日でも早く、復旧・復興が進みますよう、お祈りいたします。

 

この十数年ほどで、日本だけでなく、世界中で確実に気候が変化してきています。

CO2=温暖化と騒がれていますが、私はこの異常気象の大きな原因は原発の温排水ではないかと思っています。

昔日本が工場ガンガン建てて、公害が問題になっていたころも、ここまでの異常気象はなかったように思います。

ずっと、CO2=地球温暖化が叫ばれてきましたけど、原発の温排水から目をそらすためのスピンかもしれませんね。

既得権益層の人たちはよく、そういうことしますから。

 

原発の温排水は、まわりの海水の温度を約2℃上昇させるのだそうです。

 

これが世界的な異常気象の大きな原因なのではないでしょうか。

 

海水の温度があがれば、それだけ水蒸気が発生しやすくなり、台風や爆弾低気圧になり、今回のような豪雨災害が増えるのではないでしょうか。

 

西日本の原発が再稼動したのが、川内が2015年、伊方が2016年、高浜が2017年、大飯2018年。

台風や豪雨、爆弾低気圧が増えた時期に一致しているように思えます。

  

豪雨だけではなく、豪雪も増えています。

 

また、酷暑と呼ばれるような異常な暑さも世界各地で増えています。

昔は夏暑い、といってもせいぜい30℃ぐらいだったように思います。

 

もしかするとここ数年続いている、豪雨や豪雪、酷暑などは自然災害ではなくて、人工災害かもしれませんね。

 

中国でも原発をガンガン建設していますし、運転もしています。韓国にも原発はありますし、2025年までに全廃を決めた台湾もまだ運転中です。

 

1つの国が原発をとめたとしても、まわりの国が稼動していたら、問題の解決にはならないのかもしれません。

 地球規模で原発を全て止める方向に動かなくてはならないと思います。

 

この先、地球の気候がどうなってしまうのか、心配でなりません。

 

どこかでこの悪循環をとめないと、いつか人類は人工災害で滅びてしまいますよ…。

 

原発 温暖化」「原発 温排水 温暖化」「原発 異常気象」などで、検索をするといろいろ出てきますね。

 

原発と温暖化、異常気象について、以下に詳しいサイトをご紹介しておきます。

 

よくわかる原子力 地球温暖化と原子力

中村隆市ブログ 「風の便り」 - 原発停止で温排水も止まって 周辺の海洋環境が劇的に改善

matome.naver.jp

 

 

 

仏に会うては仏を殺せ

「仏に会うては仏を殺せ」というのは、仏は自分自身の内に在るものであり、導いてくれるのは内なる仏であり、外にある人や物ではないということなのではないだろうか。

仏を外に求めていると、いつになっても悟りは得られない。やすらぎも得られない。

つまり、宗教をも信じてはいけない、ということではないだろうか。

 

釈迦は真理(悟り)を得るための教え(方法)を説いたのだと思う。

真理(悟り)とはこれだということは言っていないと思う。

だから「仏に会うたら仏を殺せ」と言ったのだと思う。

「真理(悟り)とはこういうことです」という宗教は偽物だということだ。

ひとりひとりが違っているように、真理(悟り)も同じではないのかもしれない。

 

 

ここ数日、頭に浮かび、感じたことです。

ネットで調べると、私が感じたことがそのまま書けないと思い、調べないまま書きました。

 

通常の解説とはちがっているかもしれません。

まちがっているかもしれません。

ただ、私はこんなふうに感じた、ということです。

 

釈迦だって、詳しく解説したわけではないと思うのです。

だから、本当のところは、仏典の文章から読み取る、読み解くしかないのです。

 

そして、仏典は翻訳を数度経て、日本語になっています。

外国語を日本語に訳すと、感じが変わってしまったり、母国語を話す人でなければわからない微妙な雰囲気が伝わらないことがありますよね。

だから、いちばん最初にブッダが説いた教えと、表面上は同じかもしれませんが、ニュアンスのようなものが変わっていることもあると思うのです。

 

釈迦が生きていたころは、仏典の文書化は許されず、暗記によってその言葉を伝えていたそうです。

 

拈華微笑

真理(悟り)は、言葉で伝えるものではないのです。

感じ取るものなのです。

 

イギリス海洋戦略と偽装工作(旧) ③

引き続き「イギリス海洋戦略と偽装工作(旧)」の文字おこしです。

3.現地人種の工作員を育成し、彼らに搾取させる

まず育成環境について

工作員を育成するということは、犯罪を肯定する教育を施すということです。必ず閉鎖空間で行われなければなりません。それには家庭が最も適しています。

子供が工作員であれば、その両親は必ず工作員です。もしそうでなければ、彼らの育成は失敗するでしょう。

ただし、親が工作員であっても、子供が現地人である場合があります。これは搾取と性的虐待の為です。

時々南欧や南米などで、生き別れの双子が再会して云々という美談めかした話を聞きます。これは双子であることを母親に黙っておいて、片方を搾取と虐待の為に盗むという犯罪手法です。

これを隠す口実として、過酷な医療環境を作っているのです。

そうすれば彼らの行いは全て、過酷な医療環境を作っている現地人のせいにできるからです。

そして、外部から入りこんだ彼らの正体と目的を隠すことができます。

 

家庭と教育について、もう少し言っておかなければなりません。

それは児童虐待とDVを行う者の正体についてです。

具体的には3つのパターンがあります。

 

Case1. 家庭内での児童虐待

これは特に孤立した母子家庭に工作員が近づいて、DVと虐待を行うケースが多いです。

 

Case2. 養護施設での虐待

これはCase1.と関係があります。

児童を虐待しているのは工作員だけです。しかし彼らはそれを誰にでも有り得る現代の病理などと説明します。

しかし、ちょっと待ってください。
誰にでも有り得る現代の病理なんですよね?
つまり、何も見分けることができないってことじゃないですか?
つまり、何の知識も技能もないってことじゃないですか?
そしてつまり、あなた達は専門家ではないってことじゃないですか?
違う?

では、具体的提案をお願いします。
誰が虐待をしていて、誰が虐待をしていないんですか?
すぐに教えて下さい。誰ですか?

あなた達です。そうですね。
Noという回答はあり得ません。
イエス、または、イエスです。
あなたはどちらでも好きな方を選ぶことができます。どちらですか?

誰にでも有り得る現代の病理なんですよね?
じゃあ、あなた達にもあり得ますよね?

もう一つ質問しても良いですか?
専門家ではない者が、どうして養護施設を運営しているんですか?

 

このように、彼らは保護を名目にして、落ち度のない家庭から子供を誘拐、虐待しています。こいつらもまたイングランド工作員です。

 

Case3.キリスト教系教育機関での虐待

ここでも勿論、同様のことが行われています。加えて、それぞれの地域に対する自虐史観の刷り込みが行われています。

彼らはこのような不可解で卑劣な犯罪行為を現代社会の普遍的な病理だと説明します。

そんなものは嘘っぱちです。

では、何故私達は凶悪犯罪を行わないのでしょうか?
何故人種差別をしないのでしょうか?
私達は聖人ですか?
異常者ですか?
一般人ですか?

全部「Yes」または「No」ということはあり得ません。どれですか?

戦争になればやるのでしょうか?

デーヴ・グロスマンが言うには、第二次大戦中80%以上の兵士が敵を撃つことを拒否したそうです。

誰でも行う可能性があるというならば、何故ほとんどの者はそれをしないのですか

私達のほとんどが強靭な精神力の持ち主なのでしょうか?

でも、おかしいですね?

誰もが強靭な精神力を持っているとするならば、それはつまり一般人ということですよね?

なぜならば、誰もがそれを持っているからです。
必要ないからしないだけです。
必要な者だけがするのです。
私達人間は必要なことをして、不要なことはしないのです。

知ってましたか?

 

このような思想自体が、外部から侵入した者の撒き散らすプロパガンダなのです。

彼らは自らの犯罪と破壊工作を隠蔽して、現地人に罪をなすりつける為に、それをしているのです。

それ自体、実際に悪事を働いている者の逃げ口上に過ぎません。

一般人の中に凶悪犯罪者は存在しません。凶悪犯罪を行う工作員がいるだけです。

しかし、過酷な虐待を受けた者は事情が異なります。彼らは過酷な記憶からくる過度の応報感情にひきずられて同じような暴力や虐待に走ります。

だからこそ、イングランド工作員は、ありもしない過去の虐待経験を語ります。

それを優しい女性は信じてしまいます。理不尽な体験を説明する何かを欲しているからです。

その原因を自己責任に求めた時、彼女達は自傷行為や自罰行為に走ります。

彼女達には何の落ち度もありません。

しかし、工作員の意図的な犯罪行為という視点がありません。

その為、結論を間違ってしまいます。

このような心理は工作員に利用されます。

彼女達を酷い目に会わせた者と、それを救うフリをする者は、同じ利害と情報を共有する集団に属しています。

だから、何でも知っていますし、タイミングよく現われるのです。

そして、統一教会のように性犯罪や拉致を行います。

その上、自虐史観を刷り込まれていたら、どうなると思いますか?

 

ところで、反日工作員には1つの特徴があります。それは英語を話すことです

彼らの上司は英語を話すので、支持を受ける工作員も英語を話さなければなりません。

 

私は何度か反日デモを観察してみたことがあるのですが、彼らは普通に英語を話してました。

その時は不思議だなと思ったのですが、彼らはイングランド工作員なのだから、当たり前でした。

彼らはその特徴を隠す為に、英語教育を普及させています。

これは多民族社会を推進するのと同じ理由です。

 

何度も言いますが、これは日本だけの話ではありません。

イングランドは我々全員を虐待しているのです。

その犠牲者には、白人も、黒人も、アラブ人も、ユダヤ人も、アフリカ人も、アジア人も含まれています。

ちょっと気になったこと

 

2014年12月20日 23時44分頃 新潟県中越地方を震源とする地震がありました。

震度1、マグニチュード:2.0、深さ:ごく浅い

位置:北緯 37.0度 東経 138.7度

f:id:Mitsuki_z:20141222120203j:plain

新潟県津南町付近です。

津南町では12月18日、東電の中津川第1発電所の導水路からの水漏れが原因と思われる土砂崩れが発生しています。

 

参考:

東電導水路原因か 津南土砂崩れ

中津川第一発電所の導水路からの溢水と近傍の土砂崩れ発生について|東京電力

 

 

中津川第一発電所

f:id:Mitsuki_z:20141222125841j:plain

北緯 36.9446583度 東経 138.6587749度

 

ちなみに、現地では雪崩が起こることはあったが、土砂崩れはめずらしいとのこと。

 

いったい、どういうことでしょうね?

 

参考:

水力発電所ギャラリー 東京電力中津川第一発電所 - 水力ドットコム