読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦国時代はなせ起こったか -世界各地で起こっている紛争と災害について-

陰謀

「とある原発の溶融貫通(メルトスルー)」がなくなってしまいました。

まだまだ、読みたかった記事がたくさんありました。とても残念です。

今後もこうして、重要な情報を発信してくれていたブログが閉鎖されてしまうのかもしれません。

以前は、誰かがブログで書いていることを、そのまま自分のブログに全て引用するのはどうなのかな、と思っていましたが、このようなことが起こるのであれば、重要な情報はできるだけたくさんの方のブログに引用、転載をして残しておいたほうがいいのかもしれません。

 

検索をしていたら「とある原発の溶融貫通(メルトスルー)」から転載された記事をみつけました。

大摩邇(おおまに) : 我々が知らされていない本当の事10の真実 とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

 

こちらの記事の中に、

皆さん!唐突に思えるでしょうが、日本史の「戦国時代」ってなぜ起こったかご存知ですか?
この答えが「全ての最終的な答え」になるかもしれません。

という記載がありました。

 

皆さんは考えたことがありますか?

私はずっと「戦争をして儲かる人がいるから」とか「戦争をすることによって国内の団結力を高められるから」と思っていました。

確かにそういう面もあると思います。

軍事産業軍産複合体、災害ビジネスなどは、戦争が起これば儲かります。

実際に今世界中で起こっている紛争・戦争のほとんどは、そういった人達が起こしていると言われています。

 

ところが、あるサイトの意見を見て、なるほど、と思うことがありました。

どうやら戦争というのはお金儲けのためだけではないようです。

 

日本の戦国時代は、なぜ「村長のけんか」と呼ばれるのか

以前の幕府は分裂した幕府だった。

後の徳川幕府は統一幕府だった。

もし日本に戦国時代がなくて、直接江戸時代に入っていたら、幕府の統治力は弱く国家は分裂していただろうな。

そうなれば明治維新は別の結果を生んでいたかもしれない。

 

目からうろこが落ちた気がしました。

 

現在、世界各地で紛争や戦争に加え、地震や噴火、水害などの天災(?)も起こっています。

もし、それらがある程度、人為的なものだとしたら、目的は何でしょうか。

お金儲け?

おそらくそれだけではないはずです。

各国を疲弊させたあと、世界を統一する。

NWO(新世界秩序)です。

それも、強い統治力を発揮できるようするために、現在ある国自体を弱体化させようとしているのではないでしょうか。

 

NHKの大河ドラマでやたら、戦国時代と幕末をやるのは、単に視聴率が良いからだけではないような気がします。

疑うことを知らない日本人を洗脳するため。

最近、そんな気がしてきました。

 

一部の方はご存じのように、日本の幕末の闇は隠蔽され、私たちが信じている歴史やテレビで放映されている歴史には、かなりフィクションの部分があります。

まだ、ご存じでない方は「田布施システム」などを検索してみると良いでしょう。

 

興味のある方は、中国の歴史を調べて見るのもおもしろいかもしれません。

初めて中国を統一したと言われる「秦」は春秋戦国時代の後に興っています。

五胡十六国魏晋南北朝時代の後に、帝国と言われる「隋」「唐」が興っています。

南宋北宋・遼・金・西夏がいり乱れた時代の後に蒙古の「元」が支配します。

元の後に、漢民族の「明」になり、その後、満州人の「清」が支配します。

 

戦乱や反乱などの後に興る国は、だいたいどの国も強大な中央集権国家です。

 

ふと思ったのですが、現在の日本はなんだか明末に似ている気がします。

 

明の滅亡(Wikipediaより)

皇帝による贅沢や多額の軍事費用の負担は民衆に重税となって圧し掛かってきた。これに対し、各地で反乱がおき、その中で頭角をあらわした李自成が1644年に明を滅ぼした。

 

どこかに李自成はいないのでしょうか?