読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス海洋戦略と偽装工作(旧) ②

引き続き「イギリス海洋戦略と偽装工作(旧)」の文字おこしです。

多文化共生の正体

もともと近代的な多民族社会には、現地人種というものが存在しません。
アメリカがまさにそれです。

同じ人種のコミュニティにおいては、彼らは地元の人種を育てたり、人種的特徴を隠す必要がありません。

実に都合の良い環境です。
全部アメリカ人が悪いのです。

特にアメリカ人はイギリス人と同じ人種で同じキリスト教徒です。
工作員の使いまわしが効くという意味もあります。

これが、連中が多文化共生を我々に押し付ける理由です。

そしてどの国においても、児童虐待、女性の殺害、農業破壊、土壌汚染など、彼らの行うあらゆる犯罪行為は、全て現地住民のせいにされ、それを他でもないイングランド有識者に批判されるのです。

まさに、反日工作員が日本でやっているように。
このような工作員は、世界中にいます。

何故でしょうか?

彼らの具体的な5つの手段を考えてみましょう。

 

1.植民地や実効支配地域の独立という演出

大英帝国が世界の四分の一を支配していたことを思い出して下さい。

イングランドの実行支配下にあった地域は、どうも実は独立していなかったようです。
これには戦後の日本も含みます。

独立を偽装して、裏では実効支配のための機関を残して、利権の収奪を進めていたわけです。

この植民地独立という演出こそ、非公式帝国主義の要訣です。

これは決して不思議なことではありません。
どんなに政権交代しようと社会問題は悪化の一途を辿るだけで、決して良くならないことを思い起こして下さい。


2.プロパガンダ

ユダヤ人が我々を支配しているとか、悪の元凶だとよく言われますが……

それなら、彼らは2000年も何をしていたのでしょうか?
何故『今更』急にパレスチナの侵略を始めたのでしょうか?
何故2000年間も、その約束の地とやらを建設しなかったのでしょうか?
いつでもできたはずなのに。
そして建設したにも関わらず、それを批判するユダヤ人が多いのは何故でしょうか

ユダヤ人は重度の健忘症ですか?
違う?

では、世界を支配してはいなかったのですか?
違う?

どちらもNOということはあり得ません。
どちらですか?

そもそも、ユダヤ人が元凶だと言い出した者は誰ですか?
今、北西の方で何か音がしませんでしたか?

 

15世紀から16世紀頃、反ユダヤ主義で損をしたのは、ローマ・カトリック教国です。
当時の先進国は、スペイン、オランダ、フランスでした。
当時の後進国はどこでしたか?
反ユダヤ主義で得をしたのはどこの国ですか?

イギリスで紳士とされる振る舞いを実践しているのが、正統派ユダヤ人だけなのは何故ですか?
彼らのイメージが正統派ユダヤ人そのものなのは何故ですか?
何故、イギリスの侵略者が紳士だと言われているのですか?
ユダヤの紳士が侵略者だと言われているのですか?
何故、イギリスからユダヤ人の工作員が現れるのですか?
イギリスとユダヤ人に何の関係があるんですか?

これらの矛盾を全て説明できる答えは一つです。
新参者のイングランドユダヤ人の子供を奪ってスケーブゴードに仕立てあげ、アラブを侵略する準備が整うまでに3世紀ほどかかった。
それだけの話です。

 

時々、イルミナティは無敵の超越組織で、我々を支配しているんだとかいう人がいます。
彼らの本拠はロンドンだそうです。

イルミナティカードというものを覚えていますか?
地元の一民間企業のゲーム制作すら管理できない、無敵の超組織とは、一体何の存在意義があるのでしょうか?
イルミナティはすぐに民営化すべきです。

たまにこういう人がいます。
「マダコの痛覚に配慮したイギリスの法律はなんて人道的なの!」
「家畜の姿勢を変える自由を守るイギリスの法律はなんて人道的なの!」

彼らの頭はおかしいですが、私の頭は正常です。
彼らが人道的だと言うならば、アラブ人の痛覚に配慮すべきです。
アフリカ人が安全に生きる権利を守るべきです。
日本の女性と子供を守るべきです。

何故それらについては黙っているのですか?

イギリス人に利権があるからですか?
本当はあなた達が人道主義者ではないからですか?

では、何故人道主義者に成り済ましているのですか?
本当は、全部あなた達がやらせているからですか?

全てはプロパガンダに過ぎません。